古代蓮 行田昔ばなし 十三七つ 1〜10

行田昔ばなし 十三七つ 1〜10

行田昔ばなし 十三七つ 1 なっと、なっと、なっとー

 

作者不詳 行田市北谷住人

 小林君は体の悪いお父さんと二人で小さな家に住んでいた。信吉(しんきち)が時折遊びに行くと、垢(あか)じみた着流しを着ていつも横になっているようだった。おじさんの目はくぼみ、頬がこけて、顴骨(けんこつ)が張り出している。二の腕までつまんだ着物からは、病的な青白い細い腕がはみ出していた。
 信吉が行くと起きてきて狭い土間に降り、七輪にやかんをかけると新聞紙で火をおこしてお茶を入れてくれた。
 やかんはすすで黒光りしていびつになっていた。ゆがんだ蓋は閉められないままに火にかけた。湯がたぎってくると口元のかけた万古(ばんこ)の急須に、熱くなったやかんのつるを雑巾で持って湯を注ぎ、古九谷(こくたに)の縁の欠けた茶碗に茶を入れて出してくれる。
 茶の葉はいつ入れたのか、色もなく底まで見えて白湯(さゆ)に等しい。口元に持っていくとかび臭い匂いが漂っていた。信吉はおじさんがいつも大人と同じように振舞ってくれるのが嬉しかった。
 おじさんは結核で二年ほど寝込んでいる。当時は肺病になったら必ず死ぬと言われていたので、患者のいる家の前は鼻をつまんで駆け足で通るほど嫌われていた。
 おじさんは自宅で足袋の仕上げを下請けしている職人だったが、病気になってからは仕事もできなくなり、小林君が納豆売りに出たのはその頃、信吉が四年生の時だった。
 納豆売りは朝の仕事で、今では朝に晩にご飯を炊くが、当時は朝一度ご飯を炊けばいい方で、朝食に納豆を買ってくれるが、夕方は売れなかったと話していた。彼は雨の日も風の日も売り歩いた。
「なっと なっと なっとー」
「なっと なっと なっとー」
 右肩に担いだかごに納豆を入れ、首を45度に曲げてうつむき加減に道を小さく歩く、冬の日の彼のすがたは今も目に浮かぶ。みんな貧しく真剣に生きていた。だますこともだまされることもない美しい時代だったと思う。
「なっと なっと なっとー」
「納豆屋さん。いくつ残っている。みんな置いていっていいよ」
 菅波さんの家では、女中さんが出てきて残った納豆を毎朝買ってくれた。
 小林君が納豆を売りに出たのは、家計を支えるためだった。二人だけの生活でも、子どもの働きで家族を支えることはできない。彼のおかあさんは木崎の製糸工場に住み込みで働いていた。子どもの頃のことで詳しいことは分からなかったが、複雑な事情があって、小林君は母親の存在を否定し最後まで話すことはなかった。彼のおかあさんが毎月仕送りをしていたことは知っていた。
 小林君は一人になるといつも歌っていた童謡がある。

 

   おかあさんっていいな 僕のかあさんいないけど 呼んでみたいな おかあさん

 

 誰の作った童謡かわからないが、それだけを何度も口ずさんでいた。
 凍てついた月に照らしだされた町並みに、コールタールを塗ったトタン屋根がまぶしいように光り輝いている。前の晩に缶に仕込んだ芥子(からし)をかごに入れると、霜柱をさくさくと踏んで納豆を仕入れにいく。彼の童謡がはじまる。

 

   おかあさんっていいな 僕のかあさんいないけど 呼んでみたいな おかあさん

 

 彼のお父さんはそれから2年目に亡くなった。そして、間もなくおかあさんも亡くなった。小林君の消息を知る人はいない。

2018年5月28日掲載

行田昔ばなし 十三七つ 2 しょうどん

作者不詳 行田市北谷住人

 信吉が子どもの頃、しょうどんという丁稚(でっち)がいた。しょうどんは十二、三才で信吉がどこへ行くにも必ず後についていた。
 手先が器用な子で祭り近くなると、信吉が乗れるほどの山車を作って、近所の子どもたちに町内を引かせて歩くことを自慢していた。山車は豪華に作られて、子どもが作ったようなものではなかった。
 山車の車、囲いは硬い材料の欅(けやき)を使い、柱から屋根にかけては柔らかい朴(ほお)や杉の材料を使った。古着屋で捨てられるような古代衣装を貰って囲いにし、屋根上の幟(のぼり)には鍾馗の雛人形を立ち上げたから、祭りの山車にも引けをとらない出来栄えだった。その中でも左右の昇り竜、下り竜は傑作で何ヶ月もかけて夜なべに仕上げたものである。
 竜の作品はいつも肌身はなさず懐に入れて、紙やすりで暇にまかせて磨(みが)いていた。しょうどんは信吉についているだけで、これといった仕事はない。頼まれれば使い走りもしていたが、一人でいるといつも唄っていた歌があった。
「お月さまいくつ 十三七つ まだ年ゃ若いな・・・」
「お月さまいくつ 十三七つ まだ年ゃ若いな・・・」
 しょうどんの出生は分からない。母親は新地(新しく開けた土地)にいた女性で、荒川土手で殺されたと聞いていた。身寄りがなく家で引き取ったと聞いたことがある。そのしょうどんが家を出ていく日が来た。しょうどんは泣きながら畳に両手をついておじいちゃんに謝っていた。
 しょうどんは裏庭の桐(きり)の木の根元に大きな青大将を飼っていた。信吉は見たことはなかったが家のものに発見されて大騒ぎになった。
「いつから飼っていたんだ」
「ずーと前から、俺のかあちゃんなんだ。毎日ご飯持って行くんだ」
「へびがおかあちゃんっておかしいじゃないか。あのへびを川に流さないうちは、家の中に置いておくわけにはいかない」
 おじいちゃんは顔色を変えて怒っていた。しょうどんのおかあさんは巳年(みどし)生まれで、小さいとき母親を亡くしてからは、へびを見るとおかあちゃんがいると思うようになっていたという。その日しょうどんは大きな青大将を風呂敷に包んで懐(ふところ)に入れると黙って家を出て行った。
「お月さまいくつ 十三七つ まだ年ゃ若いな・・・」
「お月さまいくつ 十三七つ まだ年ゃ若いな・・・」
 しょうどんはその先の歌詞は知らなかったのか、山車を引くときも昼間なのに口ずさんでいた。いつも側にしょうどんが立っていて、砂利道(じゃりみち)をがたがた音を立てて引かれる轍音(てつおと)が耳に残っている。
 信吉が東京の学校に行くようになってから、しょうどんは一度たずねてきた。素足に雪駄(せった)をはいて太い絞(しぼ)りの帯を締(し)めていた。

「ボン、大きくなって、みなさんもお元気で、ご無沙汰してます」
「しょうどんか」
「へい」
 信吉はしょうどんに、紫の袱紗(ふくさ)に包まれた分厚い札束を渡されたが、受け取らなかった。
「ボン、覚えてますか」といって、口ずさんだ。
「お月さまいくつ 十三七つ まだ年ゃ若いな・・・」
「お月さまいくつ 十三七つ まだ年ゃ若いな・・・」
 その後、しょうどんの消息(しょうそく)はわからない。

2018年5月5日掲載

行田昔ばなし 十三七つ 3 とおりゃんせ

作者不詳 行田市北谷住人

 みっちゃんが町へ出るには信吉(しんきち)の家の前を通らなければならない。信吉はみっちゃんが通る時刻になると、門の陰に隠れて待っている。家の前に来たときに飛び出して、
「ここは俺んちだから通っちゃ駄目だ。帰れ!」
「・・・」
 毎日のことだが、みっちゃんは泣きながら帰って行った。
 家の者にいわれたのか、前を通るときは、花束を持ってくるようになった。信吉は手にした花束を足で踏みにじってしまったが、そのうちの一本だけ手にすると駈け出した。
 蓮華寺(れんげんじ)通りの蓮華寺は法華宗で10月13日は、宗祖日蓮大聖人様の御入滅に当たり盛大な法会を行う。この日はお会式といって町内の家は軒毎に万燈(まんどう)に灯りを入れて、狭い通りは道一杯の夜店が並んでいた。一年で一番賑やかな日になる。町角に足踏みの錦飴が売られ、バナナのたたき売りが威勢のいい声で「これでも駄目なら持っていけ」と通行人に呼び掛ける。
 みっちゃんが花束を持ってくるようになってから、信吉のいじめの焦点がぼけてしまった。みっちゃんは同い年か一つ二つ上だったかもしれない。信吉がみっちゃんに興味を持ち始め、いじめだしたのは、信吉が五、六才のことで、みっちゃんをいじめることで、信吉は初恋の意思表示をしていたのかもしれなかった。
 10月13日は途中から雨が降り出した。信吉はとぼとぼ雨の中を行くみっちゃんに唐傘をさしかけた。
「入れよ、濡れちゃうぞ」
 みっちゃんは口をきかなかったが、黙ってうなずいて傘の中に入ってきた。唐傘は信吉の身体をすっぽり覆いかぶさるような大きさだった。信吉はかっこわるく唄い出した。

 

   とおりゃんせ とおりゃんせ ここは何処の細道じゃ 天神様の細道じゃ
   行きはよいよい 帰りは怖い 怖いながらも とおりゃんせ とおりゃんせ

 

「みっちゃんも唄えよ、一緒に唄えよ」
「・・・」
 みっちゃんは家に着くまで口をきかなかった。家に着くと「ありがとう」とも言わず中に入ってしまった。信吉は雨の中をずぶ濡れになって、唐傘を道にころがして大きな声で唄いながら帰ってきた。

 

   とおりゃんせ とおりゃんせ ここは何処の細道じゃ 天神様の細道じゃ
   行きはよいよい 帰りは怖い 怖いながらも とおりゃんせ とおりゃんせ

 

 信吉は唄っているうちに悲しくなって、雨に打たれながら涙を流した。あの時が信吉の初恋としたら、信吉は相当ませていたことになる。
 みっちゃんはその後、信吉の家の前を通らなくなった。その頃蓮華寺通りから仲町に抜ける新道ができたからである。
 信吉は今でも雨が降ると時折思い出すように口ずさむ。

 

   とおりゃんせ とおりゃんせ ここは何処の細道じゃ 天神様の細道じゃ
   行きはよいよい 帰りは怖い 怖いながらも とおりゃんせ とおりゃんせ

 

 みっちゃんは初めから終わりまで口をきくことがなかった。信吉はみっちゃんがどういう声の持ち主なのか知らなかった。
 その後みっちゃんがどうしているか分からない。信吉はその面影すら思い浮かべることはできない。

2018年6月28日掲載

行田昔ばなし 十三七つ 4 後ろの正面だーれ

作者不詳 行田市北谷住人

 春先になると、薬売りが毎年富山から紺の脚絆(きゃはん)に大きな薬箱を背に、その年使った薬の交換に来た。毎年のことで顔見知りになり、縁側に腰を下ろすと、きれいに包まれている大きな無地の紺の風呂敷を開けて、毎年同じような紙風船を子どもたちに持って来てくれた。
 時には双六があったり、男の子には加藤清正の紙兜があったりした。この頃から町の中に行商する人たちで賑わってくる。
 錠剤売りが天秤に担いだ箱に錠をかたかた鳴らしながらゆっくりした足取りで町を流して行く。金魚売りが同じような足取りで、売り声の「金魚ぅー、金魚ぅー」と声を上げながら歩いていく。道の端にリヤカーを寄せた羅宇(らお)屋が湯気の蒸気に笛を鳴らし、豆売りのリヤカーが走っていく。
 夕方に豆腐屋のラッパの音がして、近くのおばさんたちが入れ物を持って買いに出てきた。
 何時からともなく、子どもたちは学校が終わるとみんな社の庭に集まってきた。

 

   かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出あう
   夜明けの晩に つーると亀と すーべった
   後ろの正面 だーれ

 

 意味もわからず何回となく唄いながら輪になって手を繋ぎ、あてられた子どもが輪の中に入って両手で目をふさいだ。金ちゃんは男の子だが、赤ん坊を背負い、二人の妹を両手に遊びに来ていた。学校へ来る時も、背中に子どもを背をっていた。
 金ちゃんは喧嘩が強く負けたことがない。目がぎょろぎょろしていて、妹がかごめの遊びの中へ入っているときは、遠くで終わるまで立って見ていた。金ちゃんは人前で童謡を唄ったことはない。暗くなってみんな帰るころになると、二人の子供の手を引いて、口の中で小さく唄いながら帰って行った。

 

   かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出あう
   夜明けの晩に つーると亀と すーべった
   後ろの正面 だーれ

 

 金ちゃんはほとんど学校へ出てこなかった。学校へ来る時は新聞紙にさつまいも二本持ってくるだけで、弁当を持ってくることはなかった。授業中でも子どもが泣きだすと教室から出ていって、鉄棒の下で子どもにさつまいもを食べさせていた。
 金ちゃんの子どもをあやす歌は決まって、

 

   かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出あう
   夜明けの晩に つーると亀と すーべった
   後ろの正面 だーれ

 

と唄っていた。金ちゃんは他の歌は何も知らなかったのかも知れない。今もこの歌を聞いていると、その頃の金ちゃんのことが思いだされる。
 信吉は金ちゃんの目玉が怖かったので近づくことが出来なかったが、時々一人でおむすびを作って、金ちゃんの遊んでいる社に持って行った。

 

 金ちゃんは目玉をぎょろつかせながら、何も言わずに受け取ると泥だらけの手で二人の妹に渡して自分では食べなかった。
 昔と変わらず社はそのままに残っている。行ってみると広い遊び場と思っていた庭も一握りの場所でしかない。金ちゃんが今何処で何をしているのか、私にはわからない。

 

錠剤売り・・錠剤の薬を売り歩く薬屋。
羅宇屋・・キセルの修理と清掃をする専門の職人。キセルを清掃する湯気の蒸気で「ピー」という笛を鳴らしてやってくる。

2018年10月1日掲載

行田昔ばなし 十三七つ 5 蛍のちょうちんコッチヨ!new!

作者不詳 行田市北谷住人

 母屋の東を流れる小川は田植え頃から、稲刈りの終わる頃まで水かさが増し流れも速かった。水草の影の流れに逆らうように、小鮒(こぶな)が背を返しながら泳いでいる。時々大きな魚が少し顔出しては、人影に驚いたように勢いよく身を翻(ひるがえ)して藻(も)の中に隠れていく。
 信吉は下駄履きに麦わら帽子を被ると小川に魚釣りに出かけた。淀みにおもしを軽くして、小さな豆浮かしをたくさんつけて流れないように静かに下げていく。時には米粒(浮き)やとんがらし(浮き)をつけることもあった。
 釣りの仕掛けはぼかん釣りと流し釣りとある。ぼかん釣りは丸い小さな、なまり玉の下に針を一本、玉の上に枝針を一本仕掛ける。流し釣りは板なまりが底に着かないように、静かな流れに流しながら釣る。
 餌はみみずでゴミ捨て場で一堀りすれば、大きいみみずや小さいみみずがいくらでも捕れた。信吉は器量の良い小さなみみずだけを選んで餌箱の中に入れた。
 豆浮かしを静かに食いあげて来たときは、引きも強く大きい四、五寸の鮒がかかってきた。みんなが集まって、この川で水浴びもした。川の深さは一メートル以上あるから、信吉の背丈では届かない、流されてしまう。
 毎年八月に入ると、ほたるが飛び交うようになる。日、一日と少しずつ数は増えていくが「蛍二十日に蝉(せみ)三日」と言われるほどに蛍の命は儚(はかな)い。

 

   ほっほっ ほーたるこい あっちの水は 辛いぞ
   こっちの水は 甘いぞ ほっほっ ほーたるこい

 

 夜になると子供たちは高ぼうきでほたるを追った。ほたるの数は沢山いるのでいくらでも捕れる。無数のほたるが露草の上からぽぉーと、淡い黄色の小さな光を明滅(めいめつ)させながら飛んでいく。
 石屋のあーぼーは、あんちゃん、あんちゃんと言われて、大事に育てられていたので、子供たちもあーぼー、あーぼーと呼ぶようになった。
 あーぼーは何時も一人でいて友だちは作らなかった。呼ばれても返事もしないが、いじめられることはなかった。
信吉はあーぼーをほたる狩りに誘ったことがある。あーぼーは何をやっても不器用なのに、ほたるを捕ることは得意で、虫かごの中には信吉の三倍も四倍も捕っていた。
 家に帰ってくると、おじいちゃんが
「あーぼー、そのほたる、おじいちゃんにくれないか」
「・・・」
「それを自転車に付けて、大荊まで行ってくるから」
「ほたるのちょうちんか」
 あーぼーは十円貰って、ほたるの籠をおじいちゃんに渡した。おじいちゃんの自転車は黒く小さな影になっても、前のハンドルに掛けたほたるのちょうちんは遠くまで小さく揺れていた。

 

   ほっほっ ほーたるこい あっちの水は 辛いぞ
   こっちの水は 甘いぞ ほっほっ ほーたるこい

 

石屋のあーぼーは生涯結婚することもなく亡くなってしまった。

2018年10月30日掲載

このページの先頭へ戻る